第1章 総則
第1条 本会は東京都立富士高等学校若竹会と称する。
第2条 本会は会員相互の親睦を図り、合わせて母校の発展に寄与する事を目的とする。
第3条 本会事務所は東京都立富士高等学校内に置く。
第2章 会員
第4条 本会は東京府立第五高等女学校本科・同専攻科・東京都立第五高等女学校・同専攻科・同併設中学校・東京都立第五女子高等学校・東京都立富士高等学校卒業生並に中途退学者及び母校現職員並に旧職員を以って会員とする。
第5条 会員を次の2種に分つ。
正会員 第4条の卒業生および中途退学者
特別会員 母校現職員および旧職員
第6条 本会に入会並に退会しようとする時はその旨を本会事務所に届出ねばならない。又会員で転居・改姓名・転住結婚等の場合はすぐその旨を本会事務所に通知する事とする。
第7条 本会員であって本会の名誉を毀損する行為のあった時は除名する事がある。
第3章 役員
第8条 本会に次の役員を置く。任期は3年とする。ただし再任は妨げない。
  会 長 1名 理事会において正会員中から選出する。
会長は会を代表し、会務を総括する。
  副会長 若干名 理事会において正会員中から選出する。
副会長は会長を補佐し会長に事故のある時は代行する。
  名誉会長   母校の学校長を推薦する。
  顧 問 若干名 現職員を会長から委嘱する。会務の遂行上、会長の諮問に応じ母校との連絡・調整にあたる。
  幹 事 若干名 会員中から会長が委嘱する。
  会 計 2名 理事会において正会員中から選出する。
  会計監査 2名 理事会において正会員中から選出する。
第9条
理 事 回卒毎に若干名ずつ選出する。会務の処理に当り会員との連絡を図る。理事は会長の命によって会務の遂行を図る。
第4章 会務および機関
第10条 (会 務) 本会の目的達成の為に必要な緒活動を行う。
第11条 (総 会) 会員相互の親睦を図り、その向上の為理事会の決定によって総会を開く。
第12条 (理事会) 理事および役員で構成し、毎年1回開き会務の報告、役員の改選その他重要事項に関する決議をする。
第13条 (役員会) 適宜会長が召集し、予算、決算その他重要事項を協議する。
第14条 (その他) 会の目的のために必要な機関を設けることができる。
第5章 会計
第15条 本会の費用は会費および寄付金その他の収入で支弁する。
正会員は会費として卒業時までに金8,000円を納入する。
会費納入の方法は別に定める。
第16条 本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終る。
第17条 予算は毎年1月役員会の議決を経て決定する。
決算は役員会および理事会に報告し承認を得る。
第6章 支部
第18条 東京都以外の地方に住する会員が数名に達した時は支部を設ける事ができる。
第19条 支部を設立しようとする時は支部規則を作り支部長を設けて会長の承認を受けなければならない。
第20条 支部の経費は支部の負担とする。但し本会から援助することもある。
第21条 支部において行った事項は支部長において適宜本会に報告することとする。
第7章 改正
第22条 本会則の改正は理事会の議決による。
附則本会則は昭和25年5月1日(若竹会設立日)より施行する。